大分県九重(ここのえ)町の雄大な自然の中で清流に育まれた山女魚(ヤマメ)の釣り堀です。すぐに塩焼きにてご賞味頂けます。
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター
トップページ 釣りと塩焼き体験 交通アクセス お問合せはコチラまで / 電話0973−79−3040 担当 矢野
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター
玖珠郡九重町(くすぐん・ここのえまち)の地蔵原(じぞうばる)、
涌蓋山(わいたさん)の麓に位置する「地蔵原釣り堀センター」では、
九重の雄大な大地から湧き出す清流を利用した山女魚(ヤマメ・九州
地方ではエノハとも呼びます。)を養殖しています。
街中では味わえない開放的なロケーションの中で、渓流に棲む川魚
とのかけ合いを年中を通してお楽しみ頂けます。
山女魚(ヤマメ)の釣り堀・ヤマメの池
釣り堀内にはバーベキュー炊飯場も設置していますので、
釣ったばかりの新鮮な山女魚(ヤマメ)を、その場ですぐに
炭で焼いて塩焼きとしてご賞味頂くこともできます。
ご自宅までお持ち帰り頂く際は、焼けば直ぐに食べられるよ
うに、ワタを抜いて氷詰めでお渡し致します。
山女魚(ヤマメ)の釣り堀・ヤマメの池
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター 山女魚・ヤマメ(分類/魚類・サケ目・サケ科)
代表的な渓流魚として釣り人に人気があります。
魚体の女性的な美しさから「山女、山女魚」とも書きます。
本州の関東以北の太平洋岸と日本海側全域、九州の一部に
分布しています。肉食性で、水生昆虫、落下昆虫、甲殻類、
小魚などを食べます。全長30cm位まで成長します。
普通、ヤマメは一生を川で過ごしますが、中にはサケのように
川を下って海で成長して戻ってくるもの(降海型)もいます。
この場合は全身が銀色になりサクラマスと呼んで区別しています。
山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター・釣りとやまめの塩焼き体験記
山女魚(ヤマメ)釣り堀・営業のご案内
名 称 地蔵原釣り堀センター
所在地 〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪(おおあざ・ゆつぼ)字柳釣(あざ・やなぎつる)1637-4
電話番号 代表 0973−79−3040
定休日 毎週水曜日
営業時間 AM9:00〜PM17:00※
※夏季はPM17:00以降でも、予めご予約頂ければ
釣りやヤマメの塩焼きをご利用頂けます。
入り口は船の看板が目印です。→
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センターの入り口は船の看板が目印です
山女魚(ヤマメ)釣り堀・ご利用料金
●基本料金
貸し竿えさ付 1本につき300円
ヤマメ 1尾につき200円
塩焼き 1尾につき100円(炭代・調理代を含みます)
お持ち帰り 氷代・袋代・ワタ抜き代は無料です。
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センターのやまめつかみ取りプール
●夏季のサービス
ヤマメのつかみ取り
(小学生以下)
1尾につき100円
浅瀬(水深15センチ)プールで水遊びが出来ます。
浮き輪もあります。
●飲みもの
ビール 350円
ラムネ 150円
ウーロン茶 150円
オレンジジュース 120円
トマトジュース 120円
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター・お飲み物
Copyright(C)2006. 山女魚・ヤマメの釣り堀 地蔵原釣り堀センター All Right Reserved.
制作会社/大分県大分市別府市のホームページ制作STF