大分県九重(ここのえ)町の雄大な自然の中で清流に育まれた山女魚(ヤマメ)の釣り堀です。すぐに塩焼きにてご賞味頂けます。
大分県玖珠郡九重町の山女魚(ヤマメ)釣り堀・地蔵原釣り堀センター
トップページ 釣りと塩焼き体験 交通アクセス お問合せはコチラまで / 電話0973−79−3040 担当 矢野
山女魚(ヤマメ)釣り堀・体験記
地蔵原釣り堀センターの楽しみ方を皆さんにご紹介します。
普段から釣りが趣味の方はもちろん、
これまでに、海でも川でも釣りをした事のない方でも、
道具も持たずに簡単に、清流が育てた美味しいヤマメの
釣りを楽しめるのが「地蔵原釣り堀センター」の特徴です。
是非、手ぶらで気軽に遊びにいらしてください。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・エサをつけましょう まずはエサを針に付けます。
山女魚(ヤマメ)は、自然界では静かで澄んだ渓流に
棲んでいますので、エサから針が見えたりすると
食べてくれません。
針を見えないように、キレイにエサをつけましょう。
ミミズなどではなく、粉状のエサに水分を含ませて
ダンゴ状にしていきます。
エサの匂いも特に気になりません。
初めての人は係りの人にお願いすると、
何回でもキレイに付けてくれます。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣れるかな? そして、針を山女魚(ヤマメ)のいる池へ
投げ込んで様子をみます。
目の前に沢山の山女魚(ヤマメ)たちが泳ぎ回って
いるのが見えますが。。。
さぁ、釣れるでしょうか。。。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣れたー! 待つ事しばし。。。グイッっと引き込まれた針に
タイミング良く合わせて、竿を引き上げます。
「キャー!やったー!釣れたー!!」
皆さん、大はしゃぎです!
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣れたヤマメ 釣れた山女魚(ヤマメ)です。
とってもキレイな体をしています。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・針を外しましょう タオルなどで体を固定して、針を抜きます。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣れたヤマメ 釣った山女魚(ヤマメ)は、釣りが終わるまで
カゴに入れて泳がせておきます。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・ヤマメは5尾釣れました! さあ、結果はどうでしょうか。。。
なかなか良い型をした山女魚(ヤマメ)が
5尾も釣れました!
夢中になって楽しんで、5尾で1,000円は安い!
しかも、この後で美味しい塩焼きとして
食べる事ができます!
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・矢野さんです ここで「地蔵原釣り堀センター」の矢野さんが登場。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣れたヤマメを洗います 手袋をはめた矢野さんが、
まずは山女魚(ヤマメ)の体をキレイに洗います。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・ヤマメのワタ(内臓)を抜きます そして、ここで達人ワザ!!
普通の割り箸2本だけを使って、クルッと回すと
ワタ(魚の内臓)がきれいに取れました。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・塩焼きの準備です 山女魚(ヤマメ)の用意が出来たところで
早速、炭に火を入れて塩焼きの準備をしてくれます。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・ヤマメに塩をまぶして火にかけます 矢野さんが丁寧に塩をふった山女魚(ヤマメ)を
火に掛けます。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・もう少しで焼きあがります 炭のいい匂いが食欲をそそります。
あと少しで出来上がりです!
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・ラムネと一緒にヤマメを頂きます 自分で釣ったばかりの山女魚(ヤマメ)が
美味しそうな塩焼きになって登場です!
ラムネと一緒にいただきます。
大自然の中で食べる塩焼きはお味も最高!
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・釣り堀の直ぐ横の小川 「地蔵原釣り堀センター」のすぐ横を流れる小川。
この澄んだ清流の水をひいて山女魚(ヤマメ)たちを
育てています。
山女魚(ヤマメ)釣り堀体験記・小川には沢蟹(サワガニ)もいます 澄んだ小川には沢蟹(サワガニ)も
棲んでいました。
Copyright(C)2006. 山女魚・ヤマメの釣り堀 地蔵原釣り堀センター All Right Reserved.
制作会社/大分県大分市別府市のホームページ制作STF